クラミジアに効くお薬

クラミジアは感染しても初期段階では自覚症状が少なく、気がつかないまま多人数との性交を重ねるとで感染者を拡大し、現在、世界で最も感染者の多い性病です。
ある報告では10代の女性の10人に3人、20代の女性の20人に3人が感染しているといわれ、セックスを覚えたばかりで知識が少なく無防備な10代の女性に多いのが特徴です。

原因菌のクラミジアトラコマチスは男性の尿道や女性の膣、そして男女の喉に住み着いており、コンドームを使用しない生セックスだけでなく、風俗店などでのフェラチオといったサービスで感染します。

具体的な症状は以下のようなものです。

・女性
ほとんど自覚されることはなく、軽度ではおりものが増える程度ですが、次第に白色の膿がおりものに混ざって出るようになり、セックスの際に出血をしたり、下腹部に痛みを感じる場合があります。
出産時にクラミジアに感染していた場合、産道から赤ちゃんに感染するおそれがあり、赤ちゃんが感染してしまうと肺炎を起こすおそれがあります。また、流産の危険もあります。

・男性
まれに膿のような分泌物が出ることもありますが、淋病などと比べると排尿に違和感が少なく、自覚できない場合が多いといわれています。
症状としては尿道のかゆみや痛みが現れることがあります。

とにかく性器の直接の接触によって感染するので、一番はコンドームを使用することが望まれますが、クラミジアにかかってしまった場合、これを治療するためにジスロマックとクラビットというお薬が存在します。

・ジスロマック(アジスロマイシン)
ジスロマックはクラミジアなどの細菌をやっつける抗生物質です。クラミジア以外の細菌にも効くので病院で処方された方もいるかもしれませんが、抗生物質は特定の細菌にしか効果がないため、かぜなどのウィルスにはまったく効きません。

クラビット(シプロフロキサシン)
クラビットはキノロン系と呼ばれるお薬です。クラミジア以外にもさまざまな菌に効果があり、国内で最も使用される合成抗菌剤の一種です。