クラミジアの最善の治療法

クラミジアとは日本国内で最も感染率の高い性感染症となっています。
患者数は100万人を超えると言われており、特に10~20代を中心に感染を拡大しています。
近年、問題にもなっているセックスの低年齢かや特定の相手以外とセックスに及んでしまう多様化も感染率を上げている要因となっています。
原因となっている細菌はトラコマティスという細菌で大きさは0.2から0.3ミクロンほどの大きさで肉眼では確認できないほど小さな菌となっています。
感染経路はセックスやアナルセックス、オーラルセックスなど性行為全般が感染源となっています。
1回のセックスで感染してしまう確率は50パーセントを超え、感染力も非常に高いとされています。
粘膜や粘液(精液や膣分泌液など)に直接すれることで感染するので性行為はその条件をすべて満たしてしまいます。
人の性器やノドに住み着き炎症を起こしたり、痒みや痛みを伴う症状が現われます。
もともとは目の病気の原因菌であり、結膜炎の症状などの原因として有名な細菌でした。
今でも粘液が目に入ることで激しい痛みを伴った結膜炎を起こすこともあります。
クラミジアの特徴として男性、女性を問わず自覚症状を伴わないことも多く、特に女性の感染者の80パーセントは無自覚だと言われています。
理由としておりものが増えたり、不正出血を伴うのが主な症状なので、こういった症状は女性であれば生理前や体調不良によっても起こるので症状に気付かないまま放置してしまう状態になります。
男性の場合は尿道に痒みや痛みまたは、排尿時に膿のような分泌物が排泄されます。
男性の場合には50パーセントの人が無自覚とされています。
対策としては定期的に検診にいったり、セックスの際にコンドームを付けたり、不特定の人とセックスすることは避けるようにしましょう。
また男性の場合には風俗店を利用する人もいるので、感染しないためにも利用の回数は減らすようにしましょう。
治療薬にはクラビットなどの抗菌薬があるので感染してしまった場合には病院で処方してもらうか、ジェネリックなどを購入し治療するようにしてください。
治療薬を使わないで症状が回復することはないのできちんと治療を行っていってください。